【にゃんこらむ】猫専用アパートまやちぐらコラム

 

第11回 成長に喜びび

 

早いものでもうすぐ12月ですね〜。

歳を重ねるごとに時間が早く

過ぎていく感覚が強くなっている

ような気がします。

 

今年は人生初の子供の運動会もあって、

なんだか今年の後半は慌ただしく

過ぎ去る感じがしています。

 

今年の5月にまやちぐらの近くに

さまよっていた子猫ちゃんを保護してからも

あっという間に感じています。

 

拾った当時はまだ手のひらサイズ。

か細い声でミーミー泣く小さな小さな

命でした。

 

出会った日も5月なのに

このコラムを書いている日と同じくらい

少し肌寒い日でした。

 

そんな子猫も今となってはうちの先住猫「のす」に

だいぶ大きさが近付いてきていて、

そのままのすを追い越しそうな勢いです。

 

のすも元は保護猫です。

2017年の元旦に浦添美術館

近くで出会いました。

 

のすはもともと首輪などもつけいていて

誰かに飼われていた形跡があったので

誰に会っても全然怖がらずに

スリスリします。

 

小さな頃の生活環境でその後の

猫の性格が大きく左右されるという

話も聞きますが、実際どうなんでしょうかね?

 

統計的なデータはあるにしても

まあそれは猫それぞれでしょうね。

 

 

今年の5月にうちに来た保護ねこは

来たばかりの時は小さ過ぎて

人を怖がるということはありませんでした。

 

しかし現在はやたらとビビりに

育ってしまいましたね(笑)

 

家族やのすには慣れているので

普通に生活できますが、

宅配の人がピンポンを鳴らすと

一目散にキャットステップを

駆け上がり、天井の奥に隠れてしまい

しばらく出てこなくなります。

 

家族以外の人が部屋の中に入って来ても 

同様に隠れてしまい、全然出てきません。

 

人ならまだしも、今まで部屋になかった

ダンボール等が届いたりしても

それにビビります。

 

最近新しく傘を買ったのですが、

それを部屋の中で試しに開いて見ると

それにびっくりしてずっと怯えていました。

 

この猫ちゃんはうちにやってきた頃は 

小さかったので、しばらく仮で名前を

「チビ」「おチビ」なんて呼んでいましたが

 現在正式な名前はチビで呼びなれたのと、

ビビりを組み合わせて「ビビ」になりました( ^ω^ )

 

そろそろビビも避妊手術をする予定なので

手術後はのすみたいに大人しくなるかな?

人懐っこくなってくれるとありがたいですね。

 

ビビはうちにきてヤンチャばかりしています。

 

1ヶ月くらい経って暴れまわることが

できる体力がつくようになると、

エサをあげる時、我慢ができなくてエサの

お皿を置く前に飛びかかってき

ひっくり返すこともありました。

 

トイレもやはり最初は目を離した隙に

部屋の隅っこで大放出。

 

部屋の隅っこに何箇所かトイレを設置して

トイレを覚えてもらい、本来のトイレの場所に

移して、なんとか普通にトイレをして

もらえるようになりました。

 

カーペットもガジガジに噛み千切ったり

カーテンをよじ登りボロボロにされたり、 

手はかかりますが、手がかかる方が

やはり可愛く感じますね♪

 

健康に育ってくれるのが一番です。

どんどんやっちゃってください(笑)

 

猫ちゃんたちがノビノビと

暮らしていけるように

まやちぐらを作ったので、

その願いがかなって嬉しく思います。

 

キャットステップも一番たくさん

使ってくれてますしね。

 

夫婦で夜なべしてキャットステップを

作ったかいがあります٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

最近寒くなってきて、忘年会の季節なので

またまやちぐらの住人を集めて

飲み会でも開きましょうかね。

 

まやちぐらの住人もビビと会ったことが

何回かあるので、あまりの成長に驚くはずです。

 

というかこの間も住人が遊びにきてくれたのですが

ビビはビビってしまって天井の奥に隠れてしまい、

姿が見えなかったので成長具合を見せることが

できなかったんですよね(笑)

 

今度はきちんとその姿を見せてあげたいですね!

 

さらに今度は入居待ちの人も呼んでみようかと

思って声かけしてますが、ぜひ行きたいと

言ってくれているので今度の飲み会は

いつもよりさらに賑やかになりそうです♪

 

その様子も今後発信していけたらと 

思います。それでは本日も最後まで

お読みいただきありがとうございました。

 

【プロフィール】
田場 正親(たば まさちか)
1981年生まれ、本部町出身。


動物全般とカラオケとお笑いを好む。

185㎝・85㎏の体つきが災いしてか、

元卓球部部長なのに腰痛持ち。

 

ネコの殺処分数や飼える環境の少なさに

衝撃を受け「足りないのは愛情よりシステム」

(猫を助ける仕事/山本 葉子 著 より引用)を

合言葉に、猫も人も快適に過ごせるアパート作りを

本気で目指すことになる。

 

東京にある猫専用デザイナーズアパート

『Gatos Apartment』オーナー木津氏の元で

学んだ事と沖縄の風土を融合させたアパート

『まやちぐら』をおそらく初めて沖縄に作った、

そんな感じの人。

 

まやちぐらホームページ 

http://takiryoku.xsrv.jp/

 

Facebook 

https://www.facebook.com/%E5%A4%9A%E5%88%86%E6%B2%96%E7%B8%84%E5%88%9D%E7%8C%AB%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%BE%E3%82%84%E3%81%A1%E3%81%90%E3%82%89-1560293170967681/

 

Twitter https://twitter.com/mayachigura

 

Instagram https://www.instagram.com/mayachigura/?hl=ja

 

アメブロ https://ameblo.jp/mayachigura/theme-10103465352.html 

 

※このコラムは第4金曜日に更新します。次回は平成30年12月28日(金)の予定です。